コラーゲンで育毛と医療機関で処方するAGA治療薬

男性のみならず女性の場合も年齢を重ねる度に気にかかる問題として、髪の毛が薄くなっていく問題があります。
髪の毛は頭皮にある毛穴から生えていて、髪の毛は頭皮が固くなってしまうと抜けやすくなってしまいます。
頭皮が固くなるのは、頭皮の老化による症状となっていて、頭皮に栄養が行き届かないと引き起こされる症状なのですが、原因の一つがコラーゲンの摂取不足によるものとなっています。
頭皮は皮膚の一種ですから、表皮の奥には厚みあがる真皮という組織が存在します。

この真皮の成分の七割を占めるのがコラーゲンになります。
コラーゲンは新陳代謝が繰り返される過程で、年齢を重ねていくと徐々に減っていき、結果的に毛根に充分な栄養をきちんと届けることができなくなってしまいます。
それにより頭皮の栄養失調が起こり、毛髪が抜けやすくなるということです。
真皮の機能が衰えた結果、髪の毛そのもののコシやハリがなくなってしまい、ぱさついて、艶がない髪の毛になってしまった結果、髪の毛が抜けやすくなってしまうのが髪の毛が薄くなるプロセスとなっています。
コラーゲンのサプリメントコラーゲンをサプリメントなどで定期的に摂取すると、頭皮や毛根が健康的に蘇り、髪の毛が太くなるという育毛効果があります。
育毛には他にもクリニックなどの医療機関で診察を受けて、その人にあったAGA治療薬を処方してもらう方法もあります。

AGA治療薬とコラーゲンのサプリメントを同時に服用してAGA治療を行ないたい場合があるでしょう。
その場合は、AGA治療薬を処方してもらうときに、お医者さんにコラーゲンのサプリメントを同時に服用しても問題がないかどうかを確認しておく必要があります。
コラーゲンにAGA治療薬の効果を弱める作用があると意味がないためです。