フィンペシアで頭頂部の育毛をする

頭頂部や前頭部の薄毛や抜け毛が気になる男性の多くはAGAと呼ばれる脱毛症になっている可能性があります。
AGAは男性ホルモンのテストステロンが過剰に分泌され、それをジヒドロテストステロンという髪の毛を作るための細胞分裂を阻害する物質に変えてしまう5αリダクターゼという酵素の働きによるものです。
頭頂部や前頭部の髪がうすくなる理由も、5αリダクターゼがその部分に多く存在しているからだと言われています。
この酵素の働きがある限り、自分でできる育毛方法を試しても大きな効果が出ないことがあります。

そこで利用したいのがフィンペシアです。フィンペシア
フィンペシアはAGAに有効な内服薬で、その成分には5αリダクターゼの働きを抑制する働きのあるフィナステリドが含まれています。
これによって本来ならまだ成長期にあるはずなのに髪の毛が抜けてしまい、薄毛や抜け毛になるのを防いでくれる働きがあります。

フィンペシアの特徴はジェネリック薬であることです。
ジェネリック薬は有効成分が同じため効果が同じ薬ではありますが、特許期限が切れるなどして安価に作れるようになった薬のことです。
そのため、フィナステリドを含有しているその他の育毛薬よりも安い値段で購入することができるのがフィンペシアの大きなメリットです。

しかし、フィンペシアの効果があるのは軽度・中度のAGAの場合だけだとも言われています。
抜け毛が進行していたり円形脱毛症などには効果がないという意見もあります。
また、内服薬のため身体の他の臓器に副作用が出ることもあり、EDや性欲減退、精子の減少などの性機能の障害や発疹、かゆみ、頭痛、腹痛、肝機能低下などが現れることがあると報告されています。