厚生労働省認可の育毛剤で産毛のような髪の毛を元気に

頭頂部などの髪の毛が薄くなってしまうのは、毛穴が死んでしまった訳ではありません。
男性ホルモンの影響で、頭皮に生えている髪の毛の毛周期が乱れて成長期が短い産毛状の髪の毛ばかりが生えてくるため髪の毛が薄くなっているように見えるのです。
おでこの生え際が後退してしまうのも同様の現象です。
これらの症状をAGAといったり、男性型脱毛症といったりします。

この産毛のような髪の毛を元気で太く濃い髪の毛に成長させるためには、髪の毛の毛根の中にある毛母細胞という組織にたくさんの血液を送り込み栄養を毛母細胞にどんどん届けていく必要があります。
そのためには、頭皮に通っている血管を拡張させて血流を改善させる必要があります。
このように頭皮に通っている血管を拡張させて血流を改善させて髪の毛が薄くなっている状態を改善するためには、厚生労働省認可を受けた育毛剤を使用する必要があります。

育毛剤を使う男性厚生労働省認可を受けた育毛剤と厚生労働省認可を受けていない育毛剤の違いは、髪の毛が生えてくる効果が認定されている成分が含まれているかどうかが、大きな違いとなっています。
厚生労働省認可を受けた育毛剤には医薬品として使われている成分が含まれている育毛剤と、医薬品としては使われていない成分が含まれている育毛剤があります。
医薬品として使われている成分が含まれている育毛剤でない場合は、どんな髪の毛が薄くなっている症状でも髪の毛が生えてくる効果が確実にあるとは断定できません。
厚生労働省という公的な機関が髪の毛が生えてくる効果を認定している成分が確実に含まれていることにはなります。
厚生労働省認可を受けていない育毛剤より信頼性は確実に高いということになります。